THE KOKONOE BLOG

MOON

MOON

レモングラスの使い方2019/09/15

SUN AND MOON

2019/09/152019:09:15:16:21:17

レモングラスの使い方

この連休はとてもお天気に恵まれた戸隠です。

畑のパトロールをしていてとても気になっていることがありました。

農業や家庭菜園をしている方なら誰しもが体験すること。

「知らない間にこんなに作物が大きくなってた!!!」

です。

それは、これ。

ハウスのレモングラス.jpg

↑ 大きく育ったレモングラスです!


レモングラスの使い方


この巨大なレモングラス。何に使いましょう。

1. お茶(ハーブティー)
2. お風呂に入れる
3. 水に入れる(ハーブウォーター)
4. 虫除けに使う
5. グリーンカレーペーストを作る

1.〜4. は過去に作ってみたことがあります。

あまり馴染みがないかもしれませんが、レモングラスはタイ料理で有名なグリーンカレーの原材料です。
グリーンカレーには、レモングラスがなくてはならない材料です。
以前、タイ料理でグリーンカレーを食べた時、レモングラスの根元を半分に切ったものが浮いていて、香りもよく、とても洒落ているなーと思いました^^

早速作ってみることにしましょう。

その前に、レモングラスを収穫します。

レモングラス根元.jpg

↑レモングラスを2-3本、根元からとります。根元の部分が柔らかく、香りが高いです。

レモングラス.jpg

↑こんなに長いのです。しかし、使う部分は根元から15センチくらいまでです。

上の葉の部分は切って、乾燥させてお茶にしたり、ハーブとしてお料理に使いましょう。


グリーンカレーペーストを作ろう


本場タイでのグリーンカレーペーストの作り方は、材料を石のすり鉢に入れて、石のすりこぎで潰していくのですが、そのような道具は持っていないので、フードプロセッサーを使うことにしました。

材料は以下の画像の通りです。

材料.jpg

↑いろいろネットで探しましたが、すべての材料が揃わないので、代替えした材料もあります。

本来ならば、パクチーを使うのですが、我が家の畑のパクチーはとうに終えてしまい、スーパーを探しましたが、やっぱり、旬ではないようで手に入りませんでした。

代わりに、シナモンバジルを使うことにします。(画像の一番下の部分)

コブミカンの皮や葉っぱもないので、省略!(笑)

海老の塩漬けペーストを使うようなのですが、それも手にはいらないので省略!(笑)

グリーンカレーを作る時にはどっちみち、ナンプラーを使うので、なくても大丈夫と踏みました^^

材料は、スパイス、生姜、にんにく、青唐辛子、レモングラス、シナモンバジル、塩です。

生姜、にんにく、青唐辛子、レモングラスは、刻んで細かくします。

レモングラス輪切り.jpg

↑レモングラスの輪切りの断面です。中は柔らかく、紫色です。渦巻きのようで可愛いです✨

これをフードプロセッサーにかけてガーッとします。

フープロ中.jpg

↑途中はこんな感じになります。グリーンカレーペーストっぽいです♫

蓋を開けると、唐辛子とレモングラスの香りがすごい!!!

アロマは、直接脳神経に働きかけるので、香りを嗅いだだけでも汗が出てきました。

↑現在、うちのフープロはこれです。家庭用のリーズナブルなものですが、かなり重宝しています。

フードプロセッサーにかけたものは、瓶詰め保存します。ジップロックで冷凍でも良いと思います。

瓶詰め.jpg

↑1本半。カレーにすると2−3回分くらいでしょうか。

今度は、これを使ってお料理をしたいと思います。

乞うご期待!

*アロマ(精油)では、レモングラスは、妊娠初期の人には禁忌となります。ご注意ください。

SHARE

THE KOKONOEシェフ 水谷 江希

THE KOKONOEシェフ水谷 江希

小中高をシンガポールとアメリカで合計7年過ごしたのち帰国。筑波⼤学卒業後、外資系メーカーにてプロダクトマネジメント業務に10年以上従事。その後、料理学校へ転職し、講師業やメルマガ寄稿を経て、現在はTHE KOKONOEのシェフとして厨房に立つ。マクロビオティッククッキングスクールリマ師範科卒業。

〒381-4102 長野県長野市戸隠豊岡327

Copyright© THE KOKONOE All rights reserved.